My Photo

« 市民の監視を。観光課不祥事問題 | Main | Wカップが見えてきた »

公か民か・・のごまかし

 郵政民営化が国会で議論され、「民間にできるものは民間に」というスローガンが大手を振っています。そこには「公は悪、民は善」という情緒的な二元論で、国民を守る為に、長い間のたたかいと犠牲で作ってきた必要な規制を壊す思惑を感じます。
 公が時の権力者や財界への奉仕機関でなく、住民の立場で改革することは必要です。同時に、民も、社会的責任を果たすことが求められています。病院も、保育所も、公か民かが問題になりますが、どちらも住民に必要な公的サービスを担っています。だからルールが必要なのです。
 民が善でないことも、バブルにおどった銀行、安全を無視して雪印やJR、西武の税金のがれ、三菱のリコールかくし、橋梁建設の談合にかかわった経団連の副会長の企業、経団連会長のトヨタのサーピス残業という犯罪・・・ だからこそしっかりした規制とルールが必要なのです。
 より根本的には、公と民で、同じ仕事をしていても賃金体系が違うという問題があります。日本社会に「仕事賃金」という体系、ルールが確立してないことが最大の問題です。そうしたルールのもとで、社会的な必要な不採算部門は、公が受け持つという姿に進むことが必要です。
 支配の極意は「国民の分断」にあると先輩から教わりました。だから、以前、公務員の労働条件に「見直す勇気を」と書きました。
 しっかり頑張っている民間もいる。「お役所仕事」の改革にとりくむ自治体職員もいる… JRの事故や郵政民営化の議論を通じ、「公か、民か」の議論を、もう一段深めて考えてる時期ではないでしょうか。
 私たち国民が問われていると感じています。
 

« 市民の監視を。観光課不祥事問題 | Main | Wカップが見えてきた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

「市場の原理では解決できない分野(公共財の領域)があり、そこが公共政策の分野だ」とは経済学のはじめのほうで学びますが、そこが最近の浮世の議論ではすっぽり抜けています。
そして、市場でできる事は市場でやって当然です。
この二つの間にある領域について、どっちがどっちなのか決めるのは、政策の綱引きであり、投票する皆さんです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公か民か・・のごまかし:

» 公共の役割とは何か? [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 なにか総選挙でも小泉首相の演説を聞いていますと、「公共=悪=非効率」。「民間= [Read More]

» ネットでの選挙運動は、今すぐにでも解禁すべき! [兄やんの一言モノ申す]
前々から何でしないのか疑問に思っていたら、公職選挙法のせいでできなかったらしい。 なぜ、ネットで選挙運動ができないのか アメリカでもやっているから、というしょうもない理由ではなく、せっかく政治に興味を持たせるいい機会になるネットを、なんで利用してはいけな....... [Read More]

» 何でもかんでも役所でやれ、という人の票は一票も要りません [和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)]
今日、あるところで、和光市のある施策について、「よそでは出来ていることがなぜ和光でできないんですか?和光は遅れていますね。」とお叱りを受けました。 結論から申し上げます。金のかかる施策を片っ端から役所がやるというのには絶対に反対です。 だって、結局コストは税... [Read More]

» このサイトについて [Vote Peace on 9.11]
大阪のピースワードプロジェクトは、衆院選にむけてウェブサイト『Vote Peace on 9.11』を立ち上げました。ご利用いただければ幸いです。 [Read More]

« 市民の監視を。観光課不祥事問題 | Main | Wカップが見えてきた »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ