My Photo

« 中国、循環型経済への取組み | Main | 信頼回復は、特別監査で »

「脅威」を望む者

 九条の会の呼びかけ人の加藤周一と姜尚中さんの対談で「北朝鮮の脅威」について語ってるのは、一考に価する。北朝鮮の脅威は、客観的には微々たるものだが(在韓、在日米軍の核兵器の能力では雲泥の差)、交渉のために「脅威」を演出している。米軍は東北アジアの存在意義を高め、日本、中国との関係を主導するために、「危機」をテコにしている。日本は、米軍と戦争ができる国への「理由」として最大限に利用している(有事法制は「北朝鮮の危機」がなければ進まなかった)・・・つまり北朝鮮も、アメリカも日本も「危機」の継続を望んでいると。この指摘は、重要です。
 この状況を打開するためにも、中国、韓国との共同がなりよりもとめられるのだが… 靖国参拝の固執、北朝鮮への強行姿勢は同根。「戦争できる国」への地ならしに使われている。 つまり外交でなく、国内対策でしかない。「それぞれの国には歴史があり、どう変わるかは、その国の人民の力でしかない」という基本をしっかり押さえ、真に「外交」のできる国にならなくてはと思う。そのためには、情緒的な扇動に流されず、それを見抜く力を、私たちは持たなくてはならない。

« 中国、循環型経済への取組み | Main | 信頼回復は、特別監査で »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「脅威」を望む者:

» 靖国問題と木村太郎にびっくり [しゃくれ教団!!]
『TOKYO HEADLINE』というフリーペーパー読んでたら、木村太郎氏が靖国問題について書いていた。全然俺のしらんことがたくさん書いてあってびっくり。 要約すると、 1.A級戦犯が靖国に祀られたのは1978年からで、それまでは祀られてなかった。またそれが公にされたのは1...... [Read More]

« 中国、循環型経済への取組み | Main | 信頼回復は、特別監査で »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ