My Photo

« イラク人質事件と歴史認識 | Main | 遊就館を知っていますか »

東京出張

 久しぶりの書き込みです。10日ほど東京に行ってきました。「憲法は認めない」と発言し、福祉予算を1割もカットし、破綻している臨海開発に3兆円も財政を投入しようとしている知事の暴走をあおり、容認している与党勢力・・異常な都議会の力関係を変えるたたかいの支援です。
 知事のパフォーマンスは報道しても、マスコミが都政のことをほとんど報道してないのが意外でした。でてくるのは区政単位のことが多く、これは他県では、地元紙が1~3面で県政について報道し、政治が県政を軸に動いているのと大きな違いです。ただでさえ「中二階」といって遠い都道府県政が、とても遠いのが東京と、感じました。
 また、知事や与党会派が「東京が沈むと日本が沈む」と、公共工事に巨費を投じ、その額を増やしつづけている姿に、地方に身をおくものとして、「何を言っているのだ」という怒りをかんじました。食糧、エネルギー、二酸化炭素の削減など環境・・・ 東京は他に依存して存在しているわけで、こういう情緒的スローガンで、住民をあおり、地方切り捨ての考えを暴走させているのだということも、よくわかりました。
 短い期間でしたが、新しい友人も出来ましたし、いろいと吸収することも多かった有意義な出張となりました。
 

« イラク人質事件と歴史認識 | Main | 遊就館を知っていますか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

日韓首脳会談が、先日ソウルで、行われたが、結果、歴史認識の問題、戦後処理についての協議についても、何の進展もなく、終わったようだ。
特に、靖国の参拝については、自国の問題との事にて判断する。と言う、すれば、当時、朝鮮半島から、連れて来た、人間、中には、他国の戦争に狩り出され、戦犯として処刑された者もいる。
ところが、敗戦となり、今度は、無理やりに連れて来て、邪魔者不逞鮮人などと、この国は、アジア近隣の国の人間を、動物のように扱う。
戦後60年経た今、自国の敗戦の被害は、忘れずして、犯した罪は過去の事、歴史の1ページとして、かたずける。
昨今では、いつまで誤り続けるのかと、テレビに出演する、国会議員達が叫んでいる。
北朝鮮の拉致問題の進展が行かないのもあって、
どんどんと、国体護持などとさけんでも、今は、違和感が感じられない。
北に、経済制裁を、拉致家族がさけぶ。呼応するかの如く、保守派議員が動く、憲法改正も時間の問題、又再び、玄海灘を挟んで、一戦交える可能性も、この状況にあらばなきにしも、あらず、今度は日本の殖民地にはならない。
今の日本の動きをみると、そんな気すら起こってくる。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京出張:

» 東京 [JN2FSE]
東京に行くたびに違和感を感じます。会議を行うためのビルとその中をインターコムをつ [Read More]

« イラク人質事件と歴史認識 | Main | 遊就館を知っていますか »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ