My Photo

« クリーム再結成 | Main | 東京出張 »

イラク人質事件と歴史認識

イラクで、日本人が武装勢力に拘束される事件が、また起きました。戦争の「民営化」の結果です。拘束されてるなら一日も早い解放を願います。
 今回の事態では小泉さんは「人の迷惑を考えないのかね」という言葉も、「自己責任論」もバッシングも出てきていません。結局、「自己責任論」とは、政府に行動に反対する者への非難でしかなかったことが明らかになりました。しかも、今後の政府の対応をしばることになるでしょう。
 イラクの自衛隊は何をしているのか。今年度の予算とあわせ648億円の出費です。2月から給水もNGOがやることになり(当初からNGOに援助すれば、全イラクに必要量の2倍の給水ができることが指摘されていた)、噴水の修理とか、ほとんどなにもしていません。アメリカへのご機嫌とりだけが目的です。即刻、撤退すべきです。
 その米軍は、シリア国境近くのカイムで、「第二のファルージャ」と称される、都市を包囲し、ライフラインを切断し、無差別虐殺を行っています。許せない。それを支持する日本政府も・・・
 過去の侵略を真摯に反省できないから、現在の侵略にも基準もなく無批判に追随しているのが日本の政府。すべてはリンクされているとおもう。
 
 
 

« クリーム再結成 | Main | 東京出張 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/4111733

Listed below are links to weblogs that reference イラク人質事件と歴史認識:

» 続・自己責任バッシング 斎藤さんの弟さんの「潔さ」 [◆木偶の妄言◆]
イラクで拉致をされた斎藤昭彦さんの死亡がほぼ確実になった。襲撃された当初から生存の確率は極めて低いと見られていたが、やはり残念な結果になってしまった。冥福を祈ると同時に、どうすればこの憎しみの連鎖を収束させることができるのか、我々ができることがあるのだろうか、と自問する。 斎藤さんの事件が起こって以来、家族の代表として記者会見に臨んだり、コメントを出してきた弟さんの態度を「潔い」「覚悟を持っている」と誉める人は少なくなかった。 ただ、僕は最初の会見の時の弟さんの「政府や国民の皆さんに多大... [Read More]

» イラク・斎藤昭彦氏襲撃動画が・・・ [SIDE-B]
イラクのテロリスト達が日本のアップローダーを使っている場合が多いという話は以前にも記事に書きましたが、今回イラクにて斎藤昭彦氏を殺害したザルカウィの傘下組織「アンサール・アルスンナ軍」も斎藤昭彦氏を襲撃した際の動画を日本のアップローダーを使用していたみた... [Read More]

« クリーム再結成 | Main | 東京出張 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ