My Photo

« 自民改憲試案と「言葉」の意味 | Main | 明日、憲法九条 高知の夕べ »

田植えが始まりました

 通勤の途中で、田植えの情景を目にするようになりました。
命の息吹が感じられて、いつ見てもいいものです。

 私が、農学部に進んみ、この道を選んだ「きっかけ」は、世界の飢餓問題です。最初は、技術の問題だと思っていました。そんな中、ニューヨークタイムスの記者だったと思いますが、ジェフリー・リーン氏の「地球病の時代」という本に出会い、先進国が技術支援した機器は、補給の部品がなく、さびて鉄くずとなってること(メーカーは儲かっている)、求められているのは、鍬や手動のポンプなど、ローテクであることを教えられ、やがて政治の問題と判断したからです。
 
ベトナムなどコメ輸出国が、昨今、輸出ストップの事態になっています。中国も輸入国に。一時騒がれたオーストラリアは、無理な栽培・灌漑から土壌が破壊されています。アメリカの穀倉地帯を支える地中湖の水位は10数メートル(不確かな記憶)低下しています。
 農をしっかり支えることをなくしては、安全保障の面でも、国際貢献でも、文化と伝統を守る点でも足場を失うと思うのですが、そのことが、まったくわかってないのが今の政府です。 
 
  田植えの風景を見ながら、そんなことを思いました。

 

« 自民改憲試案と「言葉」の意味 | Main | 明日、憲法九条 高知の夕べ »

環境・農林漁業」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 田植えが始まりました:

« 自民改憲試案と「言葉」の意味 | Main | 明日、憲法九条 高知の夕べ »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ